猫が腎臓病になる原因

大切な愛猫が腎臓病になってしまったらすごく悲しいですよね。
人間と同じように猫も何らかの原因で病気になってしまう事がありますが、こちらでは猫が腎臓病になる原因を紹介していきます。

 

実は猫は他の動物よりも腎臓病になる確率が高い動物なのです。
驚くべき事に、7歳以上のシニア猫のうち3〜4割の猫が腎臓病を患っていると言われているのです。

 

猫が腎臓病にならないように、規則正しくバランスの良い食事を摂らせていても現実には腎臓病になってしまうという事がありますが、それは猫の体質と大きな関係があります。

 

猫は元々砂漠の動物でした。
そういう歴史がありますので、水分を有効に使うために尿を濃縮して排泄します。
実はそれが腎臓に大きな負担をかけていると言われています。

 

猫には慢性腎臓病が多く見られますが、これは気づかないうちにゆっくりと進行していく病気なので、気づいた時には手遅れになってしまう事も。
ですから飼い主が日頃からしっかりと猫の体調をチェックしておく必要があります。

 

腎機能が衰えてしまうと、最終的には全く腎臓の役割を果たしてくれない事もありますので、そうなる前に気づいてあげたいものですね。
ちなみに急性腎臓病であれば毒素を排出できれば回復する事もあるので、慢性腎臓病よりかは症状的にまだましということになります。

猫の腎臓に良い食べ物

他の動物に比べて腎臓病になりやすいと言われている猫ですが、腎臓に良い食べ物はどのような物なのでしょうか?
猫の腎臓病を予防する食べ物を紹介していきます。

 

やはり一番の予防法は食事をきちんと摂らせる事です。
その際にドライフードを与えていると、どうしても水分不足になってしまう事があります。
水をしっかりと飲ませ、普段から水分をきちんと摂らせる事で腎臓病を大幅に防ぐことができます。
どうしても水を飲んでくれないという場合は、週に何回かウェットフードに切り替えるのも一つの方法でしょう。

 

また、ドライキャットフードの中には腎臓病になりやすい猫がその予防法のために、水を沢山飲めるような状態を作ることを目的として作られたものもあるようなので、そういったキャットフードを与えるのも選択肢のひとつ。
日常的に与えるキャットフードの選び方としては、できるだけ高タンパク質で、栄養価の質の高い食事を与える事が何よりも大切です。

 

市販のキャットフードには様々な種類があります。
「値段が高いから」「もったいないから」といった理由で低レベルの原料と使っているものは、やはりそれなりに猫の体に負担がかかってしまうリスクがあることは忘れてはいけません。

 

いつまでも愛猫に健康でいて欲しいと思うのであれば、少々高くても健康重視のキャットフードを選びたいですね。

腎臓病予防のキャットフード

腎臓病を予防するためのキャットフードは、ペットショップなどでも購入する事が可能です。
基本的に腎臓病に効果があると言われているのが、タンパク質とリンを抑えたものになります。

 

腎機能が衰えてくると、リンが排出されなくなり、血液の中にたまってしまいますが、摂取するリンを減らす事で腎臓に負担をかけるのを防ぐ事ができるのです。
主原材料が肉や魚であるキャットフードが多いのに対して、腎臓病予防用のキャットフードは全く真逆のものという事になりますね。
なので、健康な猫ちゃんに良いフードも腎疾患の場合は与えてはダメとなってしまうので、注意してください。

 

リンが少ない腎臓病予防のキャットフードはたくさんあります。
実は猫にとって、腎臓病予防のキャットフードは美味しくないことが多く、あまり食べてくれないこともよくあること。

 

腎臓病予防用のキャットフードの主流としては、「ロイヤルカナン 療法食 腎臓サポート ドライ」やロイヤルカナン 療法食 腎臓サポートセレクション」「ヒルズ プリスクリプション・ダイエットk/d」などがあります。

 

どれも食べてくれないという場合は、サプリメントを餌に混ぜて与えるのも効果的でしょう。
黒い粒であるネフガードがリンを吸着し、白い粒であるレナジェルがリンと結合し体外へ排出してくれる効果が期待されます。
なので細かく砕いてキャットフードに混ぜると効果的です。